COMFORT 快適性

品質と性能を追求した快適性

シティタワー梅田東のコーチエントランス
『シティタワー梅田東』は、共用部・専有部ともに暮らしの利便性が高められています。また、快適さだけでなく省エネルギー性もかなえられているため、心地良い暮らしのために品質と機能が追求されています。

トリプルオートドア

シティタワー梅田東のトリプルオートドア概念図
風除室・グランドロビー・1階EVホール前の入口には、それぞれオートドアが採用されています。オートロックシステムのハンズフリーキーと合わせることで車椅子での行き来や、荷物を抱えての通行もスムーズに行うことができます。

ハンズフリーキー

シティタワー梅田東のハンズフリーキー概念図
主なオートロックドアには、鍵をカバンやポケットに入れたままで開錠可能な、ハンズフリーキーが採用されています。両手に荷物を持っていても、スムーズにマンションに入ることが出来ます。
※一部ハンズフリーキーを採用していない箇所もあります。

ダイナミックパノラマウインドウ

シティタワー梅田東のダイナミックパノラマウインドウ概念図
リビング・ダイニングの開口部に、ダイナミックパノラマウインドウが採用されています。バルコニーの無いあたかもスクリーンのようなサッシュを通して、空との一体感をもたらす圧倒的な開放感と、視界がひときわワイドに広がるダイナミックな眺望(ダイレクトスカイビュー)を座ったままでもお楽しみ頂けます。
※一部住戸を除く。

フレキシブルプラン

シティタワー梅田東のフレキシブルプラン概念図
洋室の可動式間仕切り扉を開放することで、リビング・ダイニングと一体利用ができるプランが採用されています。リフォームすることなく、間取りを変更できるため、ライフスタイルの変化に自在に対応できます。また、間仕切り扉を室内に収納でき、窓面には余計な袖壁がないので、より開放的な一体感が得られます。
※一部住戸を除く。

最大約2,600mmの天井高

シティタワー梅田東の天井高概念図
リビング・ダイニングの天井高は最大約2,600mmが確保されています。天井を高くすることにより、同じ面積でも空間の広がりが感じられるように配慮され、開放感あふれる設計となっています。

同時給排気型レンジフード

シティタワー梅田東のレンジフード概念図
キッチンのレンジフードは、排気と連動して給気を行うことができる同時給排気型が採用されています。換気効率に優れ、サッシュからの風切り音や玄関ドアを開ける際の重量感を軽減します。

中空スラブ工法

シティタワー梅田東の中空スラブ工法概念図
住戸の主な床スラブは中空スラブ工法によるボイドスラブが採用されています。天井に小梁の出張りがなくなり、すっきりとした住空間となっています。

アウトフレーム設計

シティタワー梅田東のアウトフレーム設計概念図
躯体柱をリビング・ダイニング、洋室の外に出したアウトフレーム設計が採用されています。家具のレイアウトなどスペースが有効活用できます。

Low-Eガラス

シティタワー梅田東のLow-Eガラス概念図
開口部には省エネ効果に優れたLow-Eガラスが採用されています。ガラスの表面にコーティングされた日射熱の反射性を高める特殊金属膜(Low-E膜)と断熱性を高める空気層により、冷暖房両方の負荷が軽減されます。

各階クリーンステーション

シティタワー梅田東のクリーンステーション概念図
各階フロアにクリーンステーション(粗大ゴミを除く)が設けられています。お住まいのフロアで24時間ゴミ出しができるので大変便利です。
※粗大ゴミを除く。

大阪ガス温水床暖房

シティタワー梅田東の温水床暖房概念図
リビング・ダイニングには、大阪ガス温水床暖房が採用されています。温水を利用して足元から心地よく室内を温め、理想的と言われる「頭寒足熱」を実現する暖房システムです。

24時間常時小風量換気システム

シティタワー梅田東の換気システムイメージ画像
窓を閉めたままでも常に換気ができる、24時間常時小風量換気システムが採用されています。各居室の自然給気口から外気を取り入れ、ドア下を経由して、バスルーム、パウダールーム、トイレの換気口から室内の空気が排出されます。
※一部住戸のトイレは、換気口ではなく天井扉が設置されています。

コンシェルジュサービス

シティタワー梅田東のコンシェルジュサービスイメージ画像
1階のコンシェルジュカウンターでは、コンシェルジュが日々のこまごまとした取次、手配など、各種サービスを取り揃え、居住者の方々をサポートし暮らしの利便性を高めています。
※一部サービスは有償です。

24時間有人管理

シティタワー梅田東の24時間有人管理イメージ画像
専門の訓練を受けたスタッフが24時間建物内の防災センターを拠点とし、日々の暮らしを見守っています。また、共用設備、防災設備などを一括して管理します。
※管理・警備内容は変更となる場合があります。また、勤務時間は休憩時間等を含みます。

宅配ボックス

シティタワー梅田東の宅配ボックスイメージ画像
留守中に届いた荷物を、24時間いつでも受け取ることができる他、宅配物の発送やクリーニングの依頼が行えます。宅配物発送料金・クリーニング料金はクレジットカードで決済することも可能となっています。また、留守中に届いた荷物は住戸内のインターホン親機で着荷表示により確認できます。

車椅子利用者対応エレベーター

シティタワー梅田東のエレベーターイメージ画像
車椅子などでの利用に配慮して、正面壁面は鏡貼とし、エレベーター内に手すりが設置されています。また、カゴ内と乗場の低い位置に車椅子専用ボタンが設けられています。

グルーミング室

シティタワー梅田東のグルーミング室イメージ画像
散歩で汚れたペットの足を清潔に保つペット専用のグルーミング室が設けられています。

防音フード

シティタワー梅田東の防音フード
住戸には、室外の給気口に外部からの騒音に対する防音性能を備えた、防音フードが採用されています。

プッシュブルドアハンドル

シティタワー梅田東のプッシュブルドアハンドル
ドアハンドルを回す必要がなく「押す・引く」だけで開閉できる、プッシュブル式のドアハンドルが採用されています。小さなお子様やお年寄りの方でもスムーズに開閉することができます。

手すり・手すり取付下地補強

シティタワー梅田東の手すり取付下地補強
バスルームやトイレには手すり、玄関や廊下には手すり取付下地補強が施されています。高齢者の動作をサポートし、安全に配慮されています。
※手すり取付下地補強は一部分のみ

情報用コンセント

シティタワー梅田東の情報用コンセント
電源コンセント、テレビ、電話、およびインターネットのアウトレットを一体化した情報用コンセントが、リビング・ダイニングは2ヶ所、その他の居室は1ヶ所ずつ設置されています。

点検口

シティタワー梅田東の点検口
配管の点検や各種メンテナンスなどの維持管理をしやすくするために、各所に点検口が設けられています。

低床型ユニットバス

シティタワー梅田東の低床型ユニットバス
浴槽へのまたぎ高を約450mmに抑え、出入口の段差も極力解消した、低床設計のユニットバスが採用されています。さらに、壁には手すりが設置され、手すりにつかまりながら浴槽への出入りができ高齢化社会に対応した、人にやさしい仕様になっています。浴槽のふちが広いため入浴時に腰掛けて入れます。

エコ機能付き給湯リモコン

シティタワー梅田東の給湯リモコン
リビング・ダイニングまたはキッチンとバスルームの給湯リモコンには「エコ運転機能」が搭載されています。出湯量が少ない場合は、給湯温度を自動的に引き下げることができるなど、省エネ・節約に効果的です。また自動保温時に追い焚きの間隔を拡げることもでき省エネ・節約に効果的です。また、熱源機(エコジョーズ)で使用したガス・お湯の量、使用料金の目安、CO2排出量の目安を表示する「エネルック機能」もついています。

電気自動車充電設備

シティタワー梅田東の電気自動車充電設備イメージ画像
電気自動車・プラグインハイブリット車の充電に対応した設備が設置され、エコカーをより身近なものとする環境が整えられています。
※ご利用は有料です。

エコジョーズ

シティタワー梅田東のエコジョーズ概念図
大阪ガスの高効率ガス給湯暖房機「エコジョーズ」が採用されています。キッチン、バスルーム、パウダールームへのスムーズな給湯はもちろん、床暖房や浴室暖房乾燥機までをトータルにサポートされています。また、この熱源システムは、従来無駄に捨てられていた排気熱、潜熱を効率よく回収してお湯を沸かす省エネ仕様となっており、従来の給湯器に比べて環境に優しく、年間ランニングコストの面においても優れた経済性が発揮されます。

ホルムアルデヒド対策

建材や内装材などの素材(建築基準法上の特定建材)にはJIS(日本工業規格)やJAS(日本農林規格)によって定められたホルムアルデヒドの発散量が少ないものが採用され、健康的な住まいが追求されています。

お引越し無料パック

梱包素材の提供や荷物の搬出・運搬・搬入など、お引越しを無料でサポートされています。また、必要に応じて家電の取付けやトランクルームの手配などの各種サービスもオプション(有料)で行われます。
※サービスのご利用には制限がございます。

ピクチャーレール下地

リビング・ダイニングの戸境壁面の一部には、ピクチャーレール下地が設置されています。

LED照明

住戸内のダウンライトにはLED照明が採用されています。従来の白熱灯に比べ寿命が長持ちし、消費電力量とCO2排出量が削減されます。

二重床・二重天井

居室を二重床・二重天井とすることで、配管・配線のコンクリートスラブへの打ち込みを減らし、将来のリフォームやメンテナンスへの対応に配慮されています。

※掲載している画像、素材(テキストを含む)などの情報は、分譲当時、竣工時、または当サイト制作時に作成、撮影したものであり、現況とは異なる場合がございます。
※掲載している画像、素材などの情報の一部には、イメージが含まれています。
※当ページはマンションの紹介を目的とするもので、販売・賃貸募集の物件広告とは異なります。販売中・賃貸募集中の物件詳細につきましては、各物件ページをご確認ください。